[1]   2   3   4   >>   
2016年03月21日(月)

法華経の修行方法は五種法師で

お題目を唱えるということは

行為だけを見てみると、実に簡単なことです。

しかし、法華経の修行方法である五種法師にてらして

正しく唱えるという事はなかなか難しいことです。

まず、信仰に対する信心です。

深く帰依し心の奥から信じきる。

出来そうでなかなか出来ない。

これが五種の第一「受持(じゅじ)」です。

第二は「読(どく)」第三は「誦(じゅ)」

単純にいうなら読はお経を見ながら読むこと。

誦はお経を暗誦すること。

お坊さんにとって一番大事といわれるお経です。

毎日読んでいると誰でもだんだん読めるようになります。

終いにはお経を読むことが一種の快感に感じるほどです。

特に日蓮宗はお経のテンポがいい。

五種の第四は「解説(げせつ)」 

文字通りお経を解釈して説くことです。

そして第五の「書写(しょしゃ)」

これもそのままお経を書き写す修行です。

お彼岸の法要ではこの五つがすべて備わっています。

法要に参加してお題目を唱える(受持)

お経を読み、暗誦する(読)(誦)

お坊さんのお説法を聴聞する。(解説)

お塔婆の表に南無妙法蓮華経のお題目を

裏面に法華経の語句を書写して頂き(書写)墓地に建てる。

お題目は口で唱えて、身体で唱えて、心(意)で唱える

これを三業受持(さんごうじゅじ)のお題目といいます。

2016/03/21 15:49 | 仏教全般お経の解説など | コメント(0)

2016年03月16日(水)

独来独去

 「独り来たり、独り去り、一の随う者なし」

生まれてくる時はひとりだった。

死んでいく時もひとりでいく。

誰一人一緒にいるものはいない

これは「大無量寿経」の一節だそうだが

本当にそうだろうか。

生まれてくる時には必ずその場にいた人がいる。

母親である。

独来という言葉は不可能な事である。

お経というものは前後を確認して読まないと

意味を間違えるものだ。


それから3月11日の津波の事だ。

あの時は、たまたま居合わせた人や

学校で、職場で

多くの人の命が一緒に奪われた。

人間は一人で死んでいかねばならない宿命をもっているが

道連れがいた事をせめてもの幸いと受け止めるかどうか?

今日もまた

多くの命が生まれ

多くの命が終わっている事だろう。

ネットで知った本が今日届いた。

こんなにいい本を知らなかった。



1月14日 「死ぬいのちをかかえて」

生きているということは

死ぬいのちをかかえているということ

東井 義雄「一日 一言」より





2016/03/16 16:22 | 仏教全般お経の解説など | コメント(0)

2016年03月13日(日)

一周忌を小祥忌ともいいます

昨年新しくお墓を建てたお檀家さまの
一周忌がありました。

このお寺の檀家の子供でした。

墓地を使用しているのは兄一家。

墓地を以前から購入していたのではなく

ご主人が亡くなられたのをきっかけに
兄一家の隣に墓地を購入されたのです。

本家すじの家はお寺の檀家として長年つとめている家です。

過去帳をさかのぼってみると、享保年間がご命日の方がおられます。

お寺は元禄16年に震災があり、全壊しました。

当時すでにお檀家さまだったご先祖さまも

さぞや、ご苦労の連続だった事でしょう。

今日は木蓮の花も満開でそろそろ散り始めるようです。

時の過ぎる事の早さに、季節の移ろいを見て感じいりました。


2016/03/13 20:21 | 仏教全般お経の解説など | コメント(0)

2016年03月10日(木)

日蓮宗のご守護神さま信仰について

お寺の中では色々なご守護神さまをおまつりしています。
これは日蓮大聖人さまのご一生の中で感得された
ご守護神さまとのご縁が今現在も引き継がれているからに他なりません。

池上本門寺では毎月「池上」という教誌を発行されています。
教誌の冒頭には「池上抄」と題して菅野貫首さまの法話が載せられています。
もう第6話になりました。

池上抄6「池上のご守護神さま」を読む

うちのお寺には大黒天さまがまつられていますので
皆さまに是非一度この文章を読んでお聞かせしたいと思いました。


2016/03/10 14:38 | 仏教全般お経の解説など | コメント(0)

2016年02月23日(火)

冬は必ず春となる

法華経を信ずる人は冬の如し。
冬は必ず春となる。
いまだ昔よりきかず、みず、
冬の秋とかえれる事を。
いまだきかず、
法華経を信ずる人の凡夫となる事を。
経文には、
「もし法を聞くことあらん者は、
ひとりとして成仏せずということ無し」ととかれて候う。

日蓮聖人54歳 妙一尼御前へのお手紙から

2016/02/23 17:12 | 仏教全般お経の解説など | コメント(0)

[1]   2   3   4   >>   

RSS