2015年12月18日(金)

火葬場(現在の蓮船寺)の赤松は巨木だった。北原白秋も散歩の時に見上げたという。

 蓮船寺の前の小道が「北原白秋の散歩道」と名付けられて数年が過ぎました。
お寺は昭和36年頃に板橋から移転しました。新幹線工事に引っかかった為です。
本堂を移転した時の記録写真が古いアルバムから出てきました。

白秋が散歩の途中で見上げたという火葬場の赤松
私も幼い頃ですがよく覚えています。
残念な事に松の木は「アメリカシロヒトリ」という松くい虫にやられて
すべて枯れてしまいました。
その中でも二本の松の巨木は
階段の上に左右にまるで門柱のように高くそびえていました。

移転工事中の本堂の左横に松の大木が映っています。
まことに貴重な写真です。
下の写真は階段下の玄関前からとったもの。

写真の中央に松の太い幹が映っています写真の中央に松の太い幹が映っています

2015/12/18 17:47 | 写真アルバム | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

この記事コメントはブログ管理者が承認するまで表示されません。
メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS