2015年11月17日(火)

国土の防衛と国民の保護は同じこと(駒門駐屯地訪問)

 地域の自治会の防災部の研修で自衛隊の教育施設を訪問しました。
タイトルの言葉は中隊長さんの一言で印象に残りました。
厳しい訓練を受けている隊員たち、災害はいつ来るかわからない。
そのいつかくる日の為に毎日一生懸命訓練にのぞんでいるとの事でした。

GSMという対空レーダーの訓練施設を見学しましたが
本物の武器でシュミレーション
旅客機の訓練施設のようなものでしょうか?

救急法の訓練も受けました。ロープの結び方を一つ覚えたのが
一番の収穫でしょうか。(^v^)

2015/11/17 12:24 | 写真アルバム | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

この記事コメントはブログ管理者が承認するまで表示されません。
メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS