2015年05月13日(水)

小田原北条一門 支城めぐりと墓参の旅 寄居町 鉢形城

 蓮船寺にとって主人すじにあたる北条一門
それらの人々の菩提を弔いねんごろに供養することが
これからのお寺の歴史の基本になっていく。
そのように考え、関東にちらばる小田原北条一門の遺跡巡りを発願しました。
今回は激戦の地として知られる埼玉県寄居町にある鉢形城です。
荒川の流れが清く景勝の地ですが、婦女子の悲惨な最期の伝説が伝わっています。

埼玉県寄居町は、秩父の入り口というか、かつては、とてもとても遠くて行かれない所でしたが、最近開通した圏央道のおかげで、2時間ちょっとで行かれるようになりました。

2015/05/13 12:28 | 歴史探訪 | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

トラックバック

この記事へのトラックバック:小田原北条一門 支城めぐりと墓参の旅 寄居町 鉢形城

  • 現在登録されているトラックバックはありません。

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS