2014年09月20日(土)

彼岸の入り

 どういうわけか、彼岸の前にお墓参りをされる方が増えています。
いわゆる陸上でいうフライングですが、親戚の手前、墓参りしたが、墓が荒れていたとか、草が生えているとか苦情を言われるのがいやなのだそうです。
しかし、本来毎月一回くらいは墓掃除をしてもいいのでは?と考えますが、堂守、墓守として寺に暮らしている以上、私がもっと墓掃除に精を出さねばと、反省しきりの昨今です。

さて、今日はお経の解説はお休みです。何しろ朝から大勢お参りにお見えになりました。
じつは、鎌倉では旧暦8月27日の今日、松葉谷法難会をされているお寺さまもあるように聞いております。
私は、明治維新以前の行事は、旧暦に合わせるべきだと思っていますので、鎌倉のお寺様でそういうところがあるというのに、妙に合点がいっています。

鎌倉で布教を始めて、幕府にも色々と意見をもの申す事を始められた日蓮大聖人さま。
750年以上の昔の今夜ご草庵を焼き討ちに合われました。
山王さんの白いお猿さんが手引きして、無事に焼き討ちから逃れることが出来たという、伝説もあります。

写真は名越えのお猿畠の山王様の由緒を伝える地点です。

2014/09/20 23:35 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(5)

この記事のトラックバックURL:

トラックバック

この記事へのトラックバック:彼岸の入り

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS