2016年03月21日(月)

法華経の修行方法は五種法師で

お題目を唱えるということは

行為だけを見てみると、実に簡単なことです。

しかし、法華経の修行方法である五種法師にてらして

正しく唱えるという事はなかなか難しいことです。

まず、信仰に対する信心です。

深く帰依し心の奥から信じきる。

出来そうでなかなか出来ない。

これが五種の第一「受持(じゅじ)」です。

第二は「読(どく)」第三は「誦(じゅ)」

単純にいうなら読はお経を見ながら読むこと。

誦はお経を暗誦すること。

お坊さんにとって一番大事といわれるお経です。

毎日読んでいると誰でもだんだん読めるようになります。

終いにはお経を読むことが一種の快感に感じるほどです。

特に日蓮宗はお経のテンポがいい。

五種の第四は「解説(げせつ)」 

文字通りお経を解釈して説くことです。

そして第五の「書写(しょしゃ)」

これもそのままお経を書き写す修行です。

お彼岸の法要ではこの五つがすべて備わっています。

法要に参加してお題目を唱える(受持)

お経を読み、暗誦する(読)(誦)

お坊さんのお説法を聴聞する。(解説)

お塔婆の表に南無妙法蓮華経のお題目を

裏面に法華経の語句を書写して頂き(書写)墓地に建てる。

お題目は口で唱えて、身体で唱えて、心(意)で唱える

これを三業受持(さんごうじゅじ)のお題目といいます。

2016/03/21 15:49 | 仏教全般お経の解説など | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

この記事コメントはブログ管理者が承認するまで表示されません。
メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS