2016年03月13日(日)

一周忌を小祥忌ともいいます

昨年新しくお墓を建てたお檀家さまの
一周忌がありました。

このお寺の檀家の子供でした。

墓地を使用しているのは兄一家。

墓地を以前から購入していたのではなく

ご主人が亡くなられたのをきっかけに
兄一家の隣に墓地を購入されたのです。

本家すじの家はお寺の檀家として長年つとめている家です。

過去帳をさかのぼってみると、享保年間がご命日の方がおられます。

お寺は元禄16年に震災があり、全壊しました。

当時すでにお檀家さまだったご先祖さまも

さぞや、ご苦労の連続だった事でしょう。

今日は木蓮の花も満開でそろそろ散り始めるようです。

時の過ぎる事の早さに、季節の移ろいを見て感じいりました。


2016/03/13 20:21 | 仏教全般お経の解説など | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

この記事コメントはブログ管理者が承認するまで表示されません。
メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS