2016年03月12日(土)

五年の月日は過ぎたが、悲しみが癒える事はない。

 日蓮大聖人のお言葉 「諸法実相抄」

「鳥と虫とは鳴けども、なみだおちず。
日蓮は泣かねども
なみだひまなし」

相田みつをさんは
平易な言葉で表現された

「だれにだってあるんだよ、
ひとにはいえない
かなしみが
ただ だまっているだけなんだよ、
いえばぐちになるから」

東日本大震災当時のビデオを見ると
鮮やかにあの時の不安や恐怖がよみがえってくる。

あの頃、他人の不幸を見て面白がっているようで
しばらくテレビを見るのが嫌になってしまった。

実際最近のテレビ番組表を見ると
特別編成というのか
長時間の番組が多く
いつまでもだらだらと
うちわ受けする話題で
タレントとか女優とかお笑いとかの人気者が
その場しのぎの勝手なおしゃべりをする番組が多すぎる

防災の番組もこの時期は多少増えるが
普段の備えが大切だ
もっと為になる番組制作をしてもらいたい。








2016/03/12 16:09 | 備忘録 | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

トラックバック

この記事へのトラックバック:五年の月日は過ぎたが、悲しみが癒える事はない。

  • 現在登録されているトラックバックはありません。

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS