2020年05月28日(木)

先祖を訪ねて⑤

明治十七年、近藤鳳音が北海道に着任した当時
北海道には明治新政府に対する
不満を持った人々が新天地を求めて
殺到しておりました。
 
侍の大半が浪人をして職を求めていたのです。
当然のことですが、色々な揉め事で
警察沙汰になる事も多かったようです。
 
警察官、軍人には薩摩長州など
官軍側から士官した者が多く
旧幕臣だった人々はあぶれていたので
喧嘩でもめれば、牢屋に入れられて
許されて外に出ればまた喧嘩沙汰という
繰り返しだったようです。
 
近藤鳳音は教戒活動の為、みずから監獄の中に
入り、人々の不平、不満の聞き役に
まわりました。
昼間強制労働を行っていた受刑者の待遇を改善するために
役人たちに文書で抗議をしたりして
牢内の人々の信頼を得ました。
 
築港工事や道路拡張などの大きな仕事を
囚人たちがこなしていき
小樽の監獄は道内一優秀という噂が
広まりました。
監獄の中でも騒動を起こす者がいなくなり
皆借りてきた猫のように大人しくなり
統率が取れている理由を
刑務官たちも調査に乗り出し
 
その理由が近藤鳳音の教戒布教のお蔭で
あると知れると
北海道の知事に当たる開拓使から
感謝状を贈られたりしました。
 
近藤鳳音自らは質素倹約に努め、お寺の借金を
返済し、お堂の内外を修繕し仏具は新調し
お堂をピカピカに荘厳しました。
 
境内地に湯治場を作り、皆の健康維持に
心がけ、新たに寺の檀家になる人が
数年の間に二百世帯を超えました。

2020/05/28 22:33 | 歴史探訪 | コメント(0)

2020年05月28日(木)

先祖を訪ねて④

伝記後半のドラマチックな展開
 
『二十二歳の時 
加賀 立像寺 十洽園 
優陀那日輝上人の鎚下に帰する
茲に年あり
 
二十六歳の時 
名 津島村妙延寺の住職となり
 
三十三歳 下総 中山 法華経寺に於いて
百二十日の水行を遂げ
開祖以来の祈祷法を悉く伝授せらる。』
 
 
22歳で加賀 金沢の立像寺に開かれていた
充洽園の学問所で勉学に励んだとは。
 
この充洽園には全国の法華宗門から
俊英とよばれる学僧が参集し
のちの日蓮宗統合への
基礎をつくる重鎮たちが育ったといいます。
 
まさに僧侶としてのエリートまっしぐら
 
26歳で故郷津島の寺の住職に就任し
 
33歳には千葉 市川にある中山法華経寺
遠壽院で荒行を修める。
当時は百二十日の寒修行だったそうです。
学問だけではなく、自身の信仰を深めるため
厳しい修行に励んだのです。
 
『後ち東京に出て
宗務局の会計をつかさどり
整理の功 すくなからず』
 
明治十七年 
牧口 徳太郎なるもの
北海道より師に請うに
小樽の某寺に住職たらんことを以てす 
師 その請を空しふするに忍びず
海を渡り往て見れば 
豈図らん 大債千余圓ありて
寺院の廃損言うべからず
 
是において節倹 身を約し
心を布教に尽くし
寝食を忘れて功を積むこと数年 
遂に其 結果に因って
大債悉く返却したるのみか
壮麗たる寺院を修築せり 
 
けだし 師 慈心深く
言語諄々と懇篤を極むれは
檀徒日に其の多きを加ふるのみならず 
縷々 区長および開拓使より
貧民救助 道路修繕の賞状を賜りぬ
 
かの村雲殿下の北海道 御親教の際 
之を祝するに和歌を以てす 
其の和歌にいはく
 
あなうれし 八千草深き 夷地の 
空にたなびく 紫の雲』
 
以上で伝記終わり。
 
~後ち東京に出て
宗務局の会計をつかさどり
整理の功 すくなからず~
 
実は、日蓮宗という宗門を
一本化したのは当時
新居日薩という傑物の活躍が
あっての事なのですが、
 
22歳の頃、金沢の充洽園の学問所で勉学
していた時に新居日薩和尚と
面識を得ていたそうで
私の先祖はこの日薩和尚の
片腕となり、会計事務なども
お手伝いさせて頂いたのです。
 
26歳で尾張津島のお寺の住職となりましたが、
 
住職就任の挨拶に総本山
身延山に参詣した帰途に
東南海大地震に遭遇し
命からがら津島の寺へ
戻りました。
客殿庫裏が全壊し
傾いた本堂で雨露をしのぐ有様。
3年間復興に尽くしたものの
主たる檀家も全滅でお寺は立ちいかず、
津島を三年で出て
火事で全焼した名古屋法華寺の復興を
手伝ったそうです。
法華寺は8歳から14歳まで暮らした
実家のような存在のお寺だったのです。
 
しかし、見ている人はちゃんと見てくれていて
住職を補佐して本堂建設に尽力する姿に
見込まれて紀州和歌山の大坊に
住職として迎えられました。
 
紀州大坊 蓮心寺の第29世として。
 
伝記ではこの慶事が省略されていました。
それもその筈、わずか一年で寺を出てしまったのです。
理由はわかりません。
 
東京に戻り、宗務局となった
大教院の仕事を続けていたようです。
 
明治15年頃に北海道から住職派遣の陳情に
小樽の牧口氏が上京したものと思われ、
明治十七年5月には 
北海道での筆舌に尽くせぬ
苦労が始まるのであります。
 
(資料)
蓮心寺
昭和20年7月9日
戦災で紀州大坊と呼ばれた
大伽藍焼失
 
 
 
 
 
 
 
 

2020/05/28 15:16 | 歴史探訪 | コメント(0)

RSS