2020年05月28日(木)

先祖を訪ねて⑤

明治十七年、近藤鳳音が北海道に着任した当時
北海道には明治新政府に対する
不満を持った人々が新天地を求めて
殺到しておりました。
 
侍の大半が浪人をして職を求めていたのです。
当然のことですが、色々な揉め事で
警察沙汰になる事も多かったようです。
 
警察官、軍人には薩摩長州など
官軍側から士官した者が多く
旧幕臣だった人々はあぶれていたので
喧嘩でもめれば、牢屋に入れられて
許されて外に出ればまた喧嘩沙汰という
繰り返しだったようです。
 
近藤鳳音は教戒活動の為、みずから監獄の中に
入り、人々の不平、不満の聞き役に
まわりました。
昼間強制労働を行っていた受刑者の待遇を改善するために
役人たちに文書で抗議をしたりして
牢内の人々の信頼を得ました。
 
築港工事や道路拡張などの大きな仕事を
囚人たちがこなしていき
小樽の監獄は道内一優秀という噂が
広まりました。
監獄の中でも騒動を起こす者がいなくなり
皆借りてきた猫のように大人しくなり
統率が取れている理由を
刑務官たちも調査に乗り出し
 
その理由が近藤鳳音の教戒布教のお蔭で
あると知れると
北海道の知事に当たる開拓使から
感謝状を贈られたりしました。
 
近藤鳳音自らは質素倹約に努め、お寺の借金を
返済し、お堂の内外を修繕し仏具は新調し
お堂をピカピカに荘厳しました。
 
境内地に湯治場を作り、皆の健康維持に
心がけ、新たに寺の檀家になる人が
数年の間に二百世帯を超えました。

2020/05/28 22:33 | 歴史探訪 | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント
画像認証
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS