[先頭]  <<    2   3   [4]   5   6   >>   [最後]
2016年03月12日(土)

五年の月日は過ぎたが、悲しみが癒える事はない。

 日蓮大聖人のお言葉 「諸法実相抄」

「鳥と虫とは鳴けども、なみだおちず。
日蓮は泣かねども
なみだひまなし」

相田みつをさんは
平易な言葉で表現された

「だれにだってあるんだよ、
ひとにはいえない
かなしみが
ただ だまっているだけなんだよ、
いえばぐちになるから」

東日本大震災当時のビデオを見ると
鮮やかにあの時の不安や恐怖がよみがえってくる。

あの頃、他人の不幸を見て面白がっているようで
しばらくテレビを見るのが嫌になってしまった。

実際最近のテレビ番組表を見ると
特別編成というのか
長時間の番組が多く
いつまでもだらだらと
うちわ受けする話題で
タレントとか女優とかお笑いとかの人気者が
その場しのぎの勝手なおしゃべりをする番組が多すぎる

防災の番組もこの時期は多少増えるが
普段の備えが大切だ
もっと為になる番組制作をしてもらいたい。








2016/03/12 16:09 | 備忘録 | コメント(0) | トラックバック(1)

この記事のトラックバックURL:

2016年03月10日(木)

日蓮宗のご守護神さま信仰について

お寺の中では色々なご守護神さまをおまつりしています。
これは日蓮大聖人さまのご一生の中で感得された
ご守護神さまとのご縁が今現在も引き継がれているからに他なりません。

池上本門寺では毎月「池上」という教誌を発行されています。
教誌の冒頭には「池上抄」と題して菅野貫首さまの法話が載せられています。
もう第6話になりました。

池上抄6「池上のご守護神さま」を読む

うちのお寺には大黒天さまがまつられていますので
皆さまに是非一度この文章を読んでお聞かせしたいと思いました。


2016/03/10 14:38 | 仏教全般お経の解説など | コメント(0)

2016年03月09日(水)

宮澤章二の詩集が届く

 AC公共広告機構のテレビで気になった言葉
「行為の意味」という本になっていると知って
検索してみた。

amazonで「もったいない本舗」の出品を知る。
カードで買い物をする事には抵抗がある。
しかもネットで買い物をする事はもっと抵抗がある。

どこの誰かしらない所から品物はすぐに送られてくる。

便利になったものだが、少しさびしい。
本屋の背の高い本棚を探して自分の目的の一冊を探し出す
そういう喜びがない。

本との出会い方には
たまたま入った本屋の店先で
行き当たりばったりで
タイトル、著者名、装丁、そういう全体で
中身は知らずにムードで買うというのもいいものだ。

それにしてもいい本と出合った。
行為の意味という
少し硬い表現に思えるタイトルだが

詩人の言葉に自分と同じ思いをみて
思わずうなずいたり、感心したり。
もっと早くに詩集を読みたかった。
ジングルベルもこの人の作詞だったとは。

2016/03/09 16:32 | 備忘録 | コメント(0)

2016年03月04日(金)

小田原城の耐震工事も進んで、上部の覆いが取れましたね。

昨年7月から休館していた小田原城天守閣の展示室ですが、
リニューアルオープンは5月1日だそうです。

小田原城には最上階に気になるものがありました。
武家の守り本尊「摩利支天」像です。

今回の改修工事では、天守閣内の展示室も「より分かりやすく、親しみやすく」なるとともに、
武家の守り本尊「摩利支天」像の展示空間を再現してくれ、
一段とクローズアップされているようです。
たいへん楽しみです。



続きを読む...

2016/03/04 17:56 | 歴史探訪 | コメント(0)

2016年03月02日(水)

比企谷 妙本寺 早水貫首さま密葬参列

この二月二十二日に遷化された早水日秀貫首さまの密葬義が
昨日執り行われた。

30年の長きにわたってお世話になったが
忘れられないのが、池上にお世話になった最初の一年めの事だ。

僧侶としては誠にあらゆる点で未熟、しかも
修行している本人が俗物慢心の塊のような人間だったので
本当に指導される側としては
手を焼いて、世話を焼くことの連続だったろう。

中でも忘れられない事件を起こした張本人はわたくしである。

縁日の朝のお勤めの後にご廟に墓参をする日があった。
泊まりの当番役をしていた私は
ご廟付近に五十以上の印塔がありそこに線香を点火して配らねばならない。

しかも境内は広くとても時間に間に合いそうもなく
近道をするために100メートル近い長廊下を走って大玄関から飛び出した。
火の粉が火起こしの中の線香からぽたぽたと廊下に落ちているのも知らず
とりあえず配り終わって廊下に戻ると
当時修行僧の指導役だった何人かの先輩たちにまじって
監督の早水執事が一生懸命絨毯の上をカッターナイフで黙々と削っておられた。

なんと、ぽたぽたと落ちた火の粉が絨毯に煙草の焼けこげのような
跡をつけてしまっていた。
絨毯は新しく敷き変えたばかりだったようで、毛足が長く
傷を隠すことができ私は弁償する事もなく済まされたのだ。

この事は後々「長廊下えんとつ事件」などと名付けられ
後輩指導の際にたびたび語り継がれてしまったエピソードであるが

私はやさしい先輩方に守られ
見放されることなく最後まで指導して頂いたお陰で
翌年当初の目的である役課見習い職になることが出来た。
あれから30年の日々が過ぎた。昨日の密葬荼毘式では
当時の仲間も何人か集まり、昔話に花を咲かせた。
早水貫首さまも困った奴だと顔をしかめておられた事であろう。
増圓妙道をお祈りします。合掌


2016/03/02 13:42 | 未分類 | コメント(0)

[先頭]  <<    2   3   [4]   5   6   >>   [最後]

RSS